名古屋の町は大騒ぎ

名古屋でおこった江戸時代の事件を紹介

祭りで酒を飲んで気分が大きくなったに違いない

元禄3年5月18日。
大曽根こんにゃく屋平左衛門を組頭の子長三郎が脇差しで傷つける。
龍泉寺弁才天の前での出来事。
馬の頭で酒に酔っていたとのこと。